太陽の塔の内部公開期間や電話予約は?寄付で先行予約可能って本当?

太陽の塔

太陽の塔の内部公開が2018年に行われるということで、一般予約が最近始まりましたね。

…が!人が多すぎて公式サイトのサーバーがダウン!

予約者殺到してるのかな。先着順だからそりゃそうなるか^^;

今回は2018年に行われる太陽の塔の内部公開について調べてみました。

スポンサーリンク

太陽の塔の内部公開期間はいつまで?入場料金はいくら?

太陽の塔の内部公開期間は2018年3月19日~5月18日まで。
入場料金は大人(高校生以上)700円、小中学生300円となります。

また万博記念公園自然文化園へは、別料金で大人(高校生以上)250円、小中学生70円が必要となりますので、そちらへも寄って行こうと考えている方は気を付けてくださいね。

料金は安いですが別料金が必要と知らないとビックリしちゃいますから^^;
もし知らなくても安いのですぐにパッと払えるので大丈夫かもしれませんが。

太陽の塔の内部に入るには予約が必要です。
その日に行って入れるわけじゃないので気を付けないといけませんね^^;

一般だと予約手続日の4か月先まで予約可能です。(先着順になるので希望日が必ずとれると限らない)
例えば1月20日に予約する場合、5月19日まで予約日を指定できます。

電話での予約はできるの?寄付で先行予約できる?

公式サイトのサーバーがダウン中は電話で問い合わせても予約できませんでした。

現在はサーバーが復活しているので予約できますよ。

万博記念公園特設フリーダイヤル 0120-1970-89
または太陽の塔入館受付 06-6155-5601

どちらも受付時間は10時~17時まで。

公式サイトで予約方法が見れますので紹介しますね。
太陽の塔 公式サイト

また寄付をすると先行予約ができるって知っていましたか?

「太陽の塔内部再生」事業に5万円以上寄付した人が対象です。
(ちなみに法人・団体だと100万円以上が対象)

寄付した人は優先で予約できるよ!って言われちゃうと、いいの!?やったー!ってつい寄付しちゃうかも。
5万なら個人でもいける金額ですし…いやでも私的にはキツイなぁ^^;
お金がね、ない貧乏人なのでね…。

寄付先行予約受付期間は2018年5月18日(金曜日)までです。
(2017年12月21日(木曜日)10時から始まってます)

入館予約可能期間は2018年3月19日(月曜日)~9月18日(火曜日)まで。

また先行予約チケット1枚に付き1枚の予約が可能です。
(乳幼児(4歳未満)は大人1名につき1名まで予約できます)
子どもだし親と一緒のチケット1枚で入れるかな!と思ってうっかり1枚しか取ってなかった…なんてならないようにお気を付けください。

一般予約が始まる前なら楽に寄付先行予約で予約できたのかな?
もう一般の受付が始まってるけど、一般の予約も始まると寄付先行予約者でも希望の日が取れない場合があるみたい。
今からだと寄付で先行予約はあまり利点がないかもしれませんね。

人の多さは公式サイトの予約ページのサーバーがダウンしたことからよーくわかります^^;
やっぱり予約殺到してたんですねー。

スポンサーリンク

当日は身分証明書を持って行くのをお忘れなく

当日は身分証明書が必要になるのでご注意を。
身分証明書は運転免許証、保険証、パスポート、マイナンバーカード等ですね。

身分証明書と言われると運転免許証がパッとイメージします。

私は身分証明書が欲しいがために、車を運転しないにもかかわらず普通免許をとりました^^;
学生時代は学生証でOKだけど、卒業後は身分証明書って保険書しかないし、と思って。

顔写真付きの身分証明書があった方が便利ですよね。
乗ることがあったとしたらATだろうにMTでとりましたが、正直ATで充分だよなーって思ってます。
車関係の仕事に着くならMTが必須になるのかもしれませんが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする